So-net無料ブログ作成
∴ 日々のつぶやき ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ネパール大地震・復興支援募金について [∴ 日々のつぶやき]

141007_2.jpg

4月25日に発生したネパール大地震から1週間が経ちました。
その後、商店が再開したり、少しずつ日常が戻りつつあるようです。
今回、直下型地震だったことや、耐震性のない多くの建物の倒壊により、
崩れた建物の下敷きになった方が多かったようで(死者7,557人超・5/5現在)、
壊滅的な被害を受けた村も多く、まだ被害の全貌がみえずにいます。

その後、a i , の仕事をお願いしている全ての方の無事を確認し、
その奇跡に、ただただ感謝が止まりません。
なかなか電話が繋がらず、何度掛けても繋がらなかった電話が繋がる度に、
聞き慣れた声を聞いては安心し、「生きててくれてありがとう!」と、
緊張と感謝を繰り返し、その夜は感謝で涙が止まりませんでした。

命さえ助かれば、どうにかなる。一緒に頑張れる。
ネパールの惨状や多くの犠牲、これからの復興の長い道のりを思い、
まずは皆がつなぎ止めてくれた命に感謝せずにはいられませんでした。

実家が半壊し、避難生活を送っているネパールの家族。
長年勤めてくれていた、家族のようなお手伝いさんを亡くしました。
外国人である私をいつもあたたかく迎えてくれたディルマヤ。
体調を崩しがちだった私をいつも気にかけてくれた彼女を思うと、
悲しくて涙が止まりませんでしたが、
より深い家族の悲しみを思うと、私が泣いてはいられません。

こんな時に仕事の話をするのもどうかと迷いを感じつつも、
a i , のカシミア製作をお願いしている姉に工場の状態を確認すると、
「工場の壁は崩れたけど、皆なんとか無事。壁を直したら、
インドに避難しているマスター達を呼び寄せて仕事にとりかかるわ!
仕事をして、皆を食わせていかないと!」と、なんとも頼もしい言葉。
チベット人の逞しさと大きさを感じる一言でした。
また一緒に仕事ができる、そう思えることが大きな救いでした。

今回、多くの皆様よりご心配・ご支援頂いております。
ネパールに心を寄せて頂きましたこと、心より感謝します。
今後、a i , だからこそできる復興支援を考えたいと思います。

【ネパール大地震・復興支援募金について】
a i , では、地震直後よりネパール復興支援募金を受け付けております。
募金については、5月17日(日)のおんせんマーケットでの募金箱設置と、
銀行・郵便振込での入金のふた通りで、対応しております。
私と直接繋がりのある方は、表題を[ネパール募金希望]とし、
直接私宛にメールでご連絡下さい。振込先をお知らせします。
尚、支援の時期と方法についてですが、現地の被災状況を確認しながら、
支援金の規模を考慮の上、必要な支援金を直接送金するか、
夏のネパール行きの際に、直接持参するか、判断したいと思います。

今回の地震後、心労で寝込み、ネパールの惨状を
悲しむ日々を過ごす私を愛と思いやりで包み込んでくれている、
仏生山の愛溢れるあたたかなご近所メンバー達に、愛と感謝を。
本当に、本当にありがとう。皆の愛と支えに生かされています。
やっぱり仏生山は極楽でした◎




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール大地震 [∴ 日々のつぶやき]

a i , 商品の製作をお願いしているネパールで、
4月25日、マグニチュード7.9の強い地震があり、
多数の死者、負傷者が出ました(3,300人超・4/27現在)。
ニュース記事はコチラ→

私が7年暮らしたネパールでの惨事は、私にとって自分事。
私の家族の暮らすネパールは、私にとって第二の故郷。
すぐ姉へ連絡し、家族全員の命の無事を確認し、ひと安心。
ただ、私が暮らした家が倒壊、使用人数名生き埋めで救出作業中、
との情報があまりにショックで、仕事仲間へ連絡する勇気がもてず、
どうにか気を取り直し、今日ようやく各方面に電話連絡をしました。

ただ、現在停電で電力がないため携帯電話がほぼ繋がらず、
通話可能なラインも、ほぼ繋がらないか、応答なし。
現在、仕事関係者6名の安否確認がとれていない状況。
耐震構造になっていないネパールの建物は、
続く余震での倒壊が危険なため、現在ほとんどの人が
屋外で避難生活をしている模様。
昨日、心配のあまり寝込んでしまった自分を反省し、
今すぐ飛んで行きたい気持ちを抑え、
日本からできる支援をしたいと思います。

地震の報道後、ネパールを心配するメールを多数頂いております。
そのあたたかな皆さんの気持ちを伝える窓口でありたいと思います。
現在、現地停電のため、私が確認できる情報が少ないのですが、
確認後、この場でお知らせできるようにしたいと思います。

現地に今すぐ必要なのは水と食料と安全な避難場所かと思うのですが、
それを今すぐ私が日本から手配するのが難しいため、
もう少し現地が落ち着いた際に支援できるよう、募金を募りたいと思っています。

募金については、29日から始まるa i , × おんせんでの募金箱を設置と、
銀行・郵便振込での入金のふた通りで、対応したいと思っています。
支度が整い次第、追ってこの場でお知らせさせて頂きますが、
私と直接繋がりのある方は、表題を[ネパール募金希望]とし、
直接私宛にメールでご連絡下さい。振込先をお知らせします。
尚、支援の時期と方法についてですが、現地の被災状況を確認しながら、
支援金の規模を考慮の上、必要な支援金を直接送金するか、
夏のネパール行きの際に、直接持参するか、判断したいと思います。




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の夜 [∴ 日々のつぶやき]


150413_01.jpg

響く余韻 深く 贅沢な 春の夜

灯 yu kawai
音 haruka nakamura






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [∴ 日々のつぶやき]

150311_1.jpg

小雪が舞い散ってみたり、冷たい北風吹き抜けてみたり、
冬に戻ったような気温の中、光に春を感じる極楽仏生山。

昨日で、東日本大震災から丸4年。
2010年、ネパールから帰国療養後、ようやく体が動くようになり、
奈良の東大寺お水取りに出掛けた際、大震災が起きました。
私が仏生山に引っ越すきっかけにもなった福島の原発事故。
日本が揺れた、大きな出来事。

あれから4年経ち、私達日本人は何か変わったのでしょう。
世界中にインパクトを与えた震災と原発事故の後、
これからの世界の見本となれる日本人でありたいと思います。
政府や政治のあり方等、疑問を感じることは多々ありますが、
私は批判に幸せを感じないので、まず現実を冷静に判断し、
現実を自身のこととして受け止め、美しい未来を思い描き、
自身の行動とあり方を愛と共にあるよう祈り、
常に心と体を整える、逞しくしなやかな人間でありたいと思います。
世界を変えるのは、まず自分から。そう信じます。

震災がきっかけとなった、仏生山移住生活ももうすぐ1年。
楽しい移住生活は、私からまず始める、私がまず楽しむ、
そう願い、愛ある皆さんに支えられ、愛と笑顔に囲まれた、
楽しく愛おしい時間の日々に、ただただ感謝。

小さなしだれ梅の木を我が家へ迎えました。
この木が大地に根を張る場所を見つけてあげたいと、
自分の暮らす場所について、改めて考えています。
満開の桜の下で、お花見がしたいな。




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [∴ 日々のつぶやき]

150228_01.jpg

吹き抜ける風に春の香りを感じる、極楽仏生山。
冬の展示会シーズンを乗り越え、ようやく一息ついた途端、
風邪をひいて寝込み、気と体を緩ませ、デトックス。
展示会続きで片付かずにいた在庫部屋を片付けつつ、
冬に手が回らずにいた仕事をこなす日々。

出不精な上、家が仕事場でもあるので、
忙しくなると全く出掛けなくなる私。
お花見が大好きな私は、桜を待ち切れず、春の香りに誘われ、
年間パスホルダーでもある栗林公園へ梅見へ。
ちょうど見頃のよい頃で、梅の木の渋さがよいなぁ、
枝振りがよいなぁ、と梅見を満喫。庭園最高、春最高。

東京の古長屋からもよく通った六義園でも、
最初は手入れの行き届いた日本庭園側を歩くのが好きだったのが、
どんどん奥の森を歩くようになり、栗林公園にも鬱蒼とした場所を発見し、
やはり森を歩くことが好きな自分に気づく。
深呼吸をし、歩く瞑想のように、自然の中に自分を置くことが、
ただただ心地よい。しばらく毎週末に来ようと、密かに決める。
ことでんで10分の高松市街にすら滅多に出掛けないので、
春は製作に専念しつつ、お出掛けの季節にしよう、そうしよう。

150228_02.jpg

150228_03.jpg

150228_04.jpg

150228_05.jpg





ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年 [∴ 日々のつぶやき]

150103.jpg

極楽仏生山より、新年明けましておめでとうございます。
年末年始、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、冷たい強風吹き荒れる屋外に出掛ける勇気が失せ、
完全に引き蘢り。忙しかった自分へ何もしないご褒美時間。

2日、法然寺とちきり神社へ初詣へ。
仏生山へ移住して初めての年越しは、
冷たい風の吹き抜ける、寒さ厳しい年越しでしたが、
祈ることで、自らの内に改めて感謝が溢れました。

昨年の年明け、初めて訪れた仏生山。
昨春、それまで全くご縁のなかったこの土地に突然移住し、
引き籠ってほとんど出掛けず、付き合いの悪い私を
いつも身近で気遣い、家族のように温かく迎えてくれた、
仏生山温泉の岡さんファミリー。

そしてそして、移住以来常に心を寄せてくださる福岡さん、
いつも心強い助言と男前な気遣いの淳子さん、
いつも甘えさせてもらっている半田君、
a i , のお手伝いを快く引き受けてくれた峠さん、
もうすぐ隣人高柳君、善人汁溢れる笑顔の小西さん、
その他、たくさんの人達の愛情と心遣いと笑顔に支えられ、
移住生活をスタートできたこと、ただただ感謝です。

今冬、展示会で仏生山を離れて初めて、ホームシックを感じました。
7年暮らしたネパールでもほとんどホームシックを感じなかった私。
暮らしてまだ8ヶ月にも関わらず、仏生山は、
既に私の心の故郷になっていることに、改めて気づきました。

大好きな仏生山へ、少しずつ何かのカタチで恩返しができるよう、
まずは自分の仕事に専念し、皆さんから受けた愛とご恩をお返しできるよう、
新しい年も、日々心と生活を美しく整え、
自らの内に祈りと感謝を忘れずにありたいと思います。

2015年が、皆さんにとって愛溢れる美しい年になりますように。
この土地とのご縁をくれた高橋信雅君に、改めて愛と感謝を。
(写真は、15夜にも負けない美しさと称えられる今夜の13夜美月)




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール滞在 [∴ 日々のつぶやき]

141007_1.jpg

経由地クアラルンプールよりナマステ。
一ヶ月のネパール滞在を終え、帰国の途へ。

ひと月の短い滞在となるため、来てもあまり仕事にならないかと、
ネパールに来ること自体迷ったけれど、本当に来てよかった。

私の中でのネパールへの感謝は深まるばかりで、
一緒に製作してくれている皆と一緒にモノ作りができることを誇りに思い、
ネパールに暮らした7年間に得た、全てのご縁にも感謝が深まるばかり。
私はここへ呼ばれ、ご縁を頂き、それを深め、
そして自らを深めるために、7年間ここに暮らしたのだと思う。
これからも自らを深め、高め、祈り、自らが光となれるよう、
日々を過ごすことが私に出来る恩返しなのだと思う。

141007_2.jpg

ネパールで一緒に暮らした、私の大切な敬愛する家族に、
一緒に仕事をしてくれている全ての工房とスタッフに、
仕事で疲れた私を温かく迎えてくれたロクパゲストハウスに、
旅人の目線とピュアな眼差しをくれたささたくや氏に、
たくさんの感謝と愛を。

私を呼んでくれたネパールに、ダンニャバード。
私を呼んでくれたボダナートに、トゥジェチェ。
そして、これからもよろしくね。

141007_3.jpg




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→
(只今ネパール出張のため、10月12日までお休み中)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール便り・10月1日 [∴ 日々のつぶやき]

141001_1.jpg

ネパールよりナマステ。
ネパール最大のお祭り、ダサインが遂に始まりました。

連休前の発送仕事にようやく目処がついたので、
ネパール暮らしの際、仕事部屋のお手伝いさんとして働いてくれていた
ザムナ一家に会いに行って来ました。
(ザムナ一家についてはコチラから→

先日の学校訪問の際に欠席していたアシスは、現在14歳。
こちらでは薬物に手を染める若者が多いらしく、
年頃の彼を心配していたものの、会って安心。
彼なら大丈夫、と思える笑顔と目をしていました。

141001_2.jpg

ただ、週に1回ペースの欠席はさすがに多いので、
日本からサポートをしてくれている文代ママの思いや
学校に行くことの大切さを伝え、将来を明るくするには、
勉強だけでなく、自分が大好きで、
夢中になれることを探すように伝えました。

サッカーと歌とダンスが好きだというアシスに、
ザムナは、そんなこと誰でもプロになれる訳じゃないのよ!
と叱るのを制し、誰でも何にでもなれると伝えました。
ただ、それには本当になりたいと心から願い、それに向かって
懸命に努力すれば、国籍も出身も関係なく、私も君も同じ条件で、
いつでも同じ土俵に上がれる機会が等しく与えられていると伝えました。

貧しいから、ネパール人だから、ということに縛られず、
大きな未来を夢見て欲しいなぁと心から思いました。
曲がることなく、ここまで成長してくれていることに感謝。
きっとザムナの人柄と彼女の家での躾がいいんだろうなぁ。
現在、日当300ルピーで、建築現場で働いているというザムナ。
以前からやりたいと願っている、彼女の仕事を作りたい。
彼らに安定した仕事を作れるよう、頑張ろ。

141001_3.jpg

141001_4.jpg




ネパールみんなの愛の詰まった、a i , online shop はコチラ→
(只今ネパール出張のため、10月12日までお休み中)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール便り・9月27日 [∴ 日々のつぶやき]

140927_2.jpg

ネパールよりナマステ。
来月に迫ったネパール最大のお祭り、ダサイン。
日本のお正月のようなお祭りで、みな家族の待つ村に帰り、
ティカを受け、飲んで歌って食べて、家族で過ごします。

ダサインが終わってしばらくすると、今度は、
ラクシュミー神をお迎えする光のお祭り、ティハールが始まります。
町中がキャンドルの灯火で彩られる、幻想的で美しいティハール。
お祭りの多いネパールでも、一番好きなお祭りです。

10月は連休が続くのと、村に帰って戻れない人が多いため、工場はどこもスロー。
その休み前に商品の発送を終わらせるべく、カシミア工場は休日返上で、
頑張って仕事をしてくれています。特にニット部門のインド人男性スタッフ達は、
早朝から深夜まで働き、工場で泊まり込みで仕事をしてくれています。
ハードな仕事でも、みな笑顔で、私の検品のダメ出しにも
嫌な顔ひとつせず対応してくれる姿勢には、頭が下がります。
(冒頭の写真は、パターンをひいてくれているマスター・ジー)

長年ネパールで仕事をしていますが、こんなに質のいいスタッフのいる工場に、
今まで一度も巡り会ったことがありません。
きっと工場を運営する姉の人柄と、彼女の日頃の努力の賜物かと。
スタッフの声をくみ取り、彼らと一緒に物作りをする姿勢で向き合う姉。
彼らと一緒に仕事ができることをとても誇らしくなりました。

皆の頑張りと笑顔を込めたニットの御披露目、もうすぐです。
御披露目の目処が付いたらお知らせしますね。お楽しみに。

140927.jpg




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→
(只今ネパール出張のため、10月12日までお休み中)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール便り・9月26日 [∴ 日々のつぶやき]

140924_3.jpg

ネパールよりナマステ。
今日は、私の尊敬するザムナを紹介させて下さい。
(写真はザムナの次男、成績優秀なアユス)

ネパール暮らしの際、仕事部屋のお手伝いさんとして働いてくれていたザムナ。
突然「働かせて下さい」とやって来た彼女を部屋に入れることに、
当初抵抗があったのですが、一度お願いしたことは忘れずにやってくれて、
丁寧で誠意ある彼女の人柄と仕事に私はとても満足し、彼女のことが大好きになり、
低い身分でも敬意と誠意を忘れない彼女の人柄に、尊敬の念を抱くようになりました。

ご主人の仕事も安定せず、6畳ほどの一部屋に家族4人で暮らし、
家賃の支払いもままならず、更には双子を授かり仕事ができないという彼女の状況に、
同じ女性として、何かできることがないかと考えるようになりました。
既に息子が二人がいたザムナは、お金がない上、双子を授かり仕事が出来ず、
兄達ふたりの子供達を学校へ行かせることを諦めました。
なんとか子供達の将来を明るくできないかと、学費をサポートできる人を探し、
彼女の息子二人の学費をサポートすることを決めました。

兄アシスのサポートは、かつてチベットからネパールへ、
ヒマラヤ越えの旅を共にした、私の敬愛する奈良の母、文代ママに。
弟アユスのサポートは、ネパールに遊びに来た際に、
子供達のおかれている環境に心を痛めた、従姉妹の理恵ちゃんに。
毎年3〜4万円の学費をサポートしてもらうことは、
決して簡単なことではありませんが、子供達の未来が少しでも明るくなれば、と
二人とも快くサポートすることを快諾してくれました。
二人の好意と行為を、誇りに思います。

お金のサポートをすることについては、個人的にあまり好きではないのですが、
子供達の教育については、子供達の未来が優先かと、サポートを続けたいと思っています。

140924_zamna.jpg

(写真は5年前のザムナ一家と穏ちゃん。真ん中で笑い合うのが穏ちゃんとアユス)




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→
(只今ネパール出張のため、10月12日までお休み中)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 ∴ 日々のつぶやき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。