So-net無料ブログ作成
∴ ネパール・情勢 ブログトップ

ストライキ終了、下痢止まず [∴ ネパール・情勢]

その後、7日をもって無事ストライキ終了。
各地で市民とマオイストとの小競り合いが勃発していたらしく、
5日間全てが麻痺し、身の危険を感じていた矢先だったので、
終結のニュースに、ほっ。ただ、25日前後に再度ストがあるとか(汗。。

市民のピースマーチが行われると聞いていた7日、
外で何やらもの凄い人の声。
窓から覗いてみると、マオイストらしき一行。
よくあることなので、気にせず仕事を続けているも、
なかなか声が途切れないので、見てみると、もの凄い人の波。
何千人・・??途切れることのない人の波。

前後をアーミー車に挟まれながらの大移動。
あれ?ピースマーチ??と思うも、赤い旗はやはりマオイスト?
外へ出て、列を見渡すと、道に溢れんばかりの人が、
視界の端から端までびっしり。。途中、アーミーが
棒を持って走って何かを制しようとしていたり、
何が起こっても不思議のない、物騒な感じ。。

それまでは、村から連れて来られて、しょうがなく・・
というノリの、やる気のないデモ隊しか見かけなかったものの、
そのスト隊は、声を張り上げ、手には棒、何だか物々しい様子で、
熱くなった人達が大勢集まっている様子に、危険を感じるほど。

100507_1.jpg
赤い旗・・やはりマオ派のデモ?室内から隠し撮り。

100507_2.jpg
ひっきりなしに続くデモの群衆。赤は見られず。。でもマオか?

100507_3.jpg
デモの前後に配置されたアーミー。

スト止むも、下痢止まず。
ストでずっと支払えずにいたエアチケット代を支払いに町へ出掛け、
いくつか仕事を済ませるも、途中でお腹がゴロゴロピー。
外食がマズいのか、時間通りに薬が飲めないせいか、
いつもお腹に巻いているショールがないとお腹が冷えるのか、
単純に、暑い中外出して仕事をする体力がまだないのか。。

スト中、先が見えず、病院にも行けず、下痢も止まずで、
日本大使館の医務官の方に電話で相談。
やはり超レアなケースらしく、医務官の方、病名すらご存知なく。
熱帯性の病気で、日本ではまず知られていないので、
帰国後は、熱帯性の病気に詳しい病院での治療を薦められた上、
現在の症状について相談すると、ネットで調べた通り、
抗生物質を3〜6ヶ月飲み続けねばならないらしい。
てことは、下痢が治まるのに半年掛かるってこと(汗??

腸の栄養吸収が弱まっているため、葉酸も欠乏するらしく、
葉酸をとるよう言われ、薬屋へ。はさん?と思いきや、
ようさんと読むらしい。ってくらい何も知らなかったのですが、
ビタミンBの一種らしく、欠乏すると赤血球の形成がおかしくなり、
悪性貧血になるそうで。。

葉酸欠乏の症状のひとつに、白髪を見つけ、ビンゴ!
ネパールに暮らし始めてからずっと白髪が増え続け、
このところ一気に増えたなー、と思っていたところでした。
そっかそっか、葉酸が足りなかったのです、きっと。
これ飲み続けたら、黒髪に戻るのかしら(夢。。葉酸の検討を祈る。

この下痢が始まって以来、体調不良のため、ほとんど仕事ができず、
少し回復して仕事するものの、ぼーっとしていて仕事にならず。
脳が動かないというか、停止状態。
体調不良が原因かと思いきや、病気についてネットで調べていると、
ビタミンB12不足が原因かも?と思い当たり。
葉酸と同様に、ビタミンB12も欠乏することがあるらしいのですが、
ビタミンB12は神経に影響し、神経過敏、意識障害、鬱にもなるらしく。

本当に、ボーっとしてしているようで、
普段しないような間違いをおかしてみたり、
お湯を沸かしているのを忘れ、ボッコボコに沸騰させてみること数回。
ビタミンB12も(勝手に)飲み始めてみると、少し改善したような気が。。
明日、ようやく病院へ。帰国までのあと3週間、
やること山盛り(汗・・でも今回は、全てお手上げか。。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下痢とストライキ [∴ ネパール・情勢]

すっかり日記がご無沙汰してしまいました。
実は2ヶ月下痢止まらず、体調崩しておりました。

色々検査してみても病因見つからず、結局、
「熱帯性スプルー」という、百万人に1人かかる
というレアなケースが疑われることが分かり、
6月、検査&療養のため帰国することにしました。

感染が原因と見られる下痢を発症し、
その後腸がダメージを受け、栄養吸収出来なくなるらしく、
体重減少、低栄養症、しびれ、テタニー(手足痙攣)を引き起こすらしく、
私がこちらに暮らし始めてずっと持病と思っていた症状と一致。
・・てことは、私は7年間ずっとこの病気だったとか(汗??
処方された鉄剤を飲み始めたら、倒れることがなくなり、
単純に、貧血だった模様。西洋薬は15年以上の飲んでなかったのですが、
抗生物質、鉄剤を2時間おきに交互に飲みまくってます(笑。

帰国前に仕事を・・と、ようやく歩けるようになった矢先、
5月1日のメーデー後、ネパール全土ストライキに突入し、
交通麻痺、オフィス・商店閉店、全ての機能が麻痺している状態。
ATMで現金を引き出さねばならないのですが、
ATMもクローズ。ど、どうしたらいいんですかね??お金・・
野菜や食料も高騰し始め、怒った市民と小競り合いが発生している模様。
貧しい人達は、一体どうやって食べたらいいんでしょうか。

かなりヒドいことになってます、ネパール。
私も診察のために病院に行かねばならないのですが、
交通手段がなく、病院にすら行けない状態。
救急車は通してもらえるらしいのですが、
緊急のケースじゃないし。かといって、
病院まで往復2時間かけて歩く体力もなく。。
1日でも早い解決を祈るばかりです。

今回ストライキにかり出されているのは、ほとんど村人らしく、
1日400ルピー(約500円)の現金と、3食支給という条件で、
村からかり出された人々で、マオイストのストなのに、
ほとんど全員マオイストでないこと自体、そもそもおかしいのですが、
与えられている食事も粗末なものらしく、村人に病人が出ているという話。
ヒドい。本当にヒドい。。

彼ら村人にとって、1日400ルピー稼げるのは高給。
その目先の現金欲しさに、国の機能を麻痺させてしまうネパール。
はぁ。どうしようもない閉塞感が山盛り。。

でも、ネパール人は気楽なもので、車の通らない道路で
子供達がクリケットに高じたり、道ばたでギター弾いたりしてます。
スゲイですよ、ネパール人て。ホント。
現在18〜20時の間だけ商店が開くので、
この間に買い物を済ませようと、車のない通りに人が歩きまくり、
何だか気味の悪い感じ。

ネット・電話が通じるのがまだ救いか。
これで情報遮断されたら、ホント危ない。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
∴ ネパール・情勢 ブログトップ
メッセージを送る