So-net無料ブログ作成
∴ 日々のつぶやき ブログトップ
前の10件 | -

松山旅 [∴ 日々のつぶやき]

170901_8.jpg

香川移住後、関西や岡方面山へ出かけることはあっても、
同じ四国内の愛媛に出かける機会がほとんどない。
仕事で出かけた松山、なかなか行けないので一泊して散策することに。

かねてより行きたいと思っていた伊丹十三記念館へ。
伊丹氏について、映画監督以外の顔をよく知らないままに出かけたものの、
彼のひととなりを感じる充実の展示と素敵な空間に、思わずほっこり。
彼の多趣味ぶりと人生を思いっきり楽しんでいる様子に、こちらまでにやにや。

170901_9.jpg

今回の旅に持参した本に登場するベントレーという車が気になり、
どんな車なのかと思いつつ、まさかこの伊丹氏の車がベントレーだったりして?
と近づいて行くと、まさかのベントレー。我ながらびっくり。現実化がスゴい。

170901_10.jpg

遊び心満載の展示。常設展は写真撮影可と伺い、写真を撮りまくる。

170901_11.jpg

伊丹氏小学1年生の頃の絵。上手過ぎる。

170901_12.jpg

今見ても新鮮なイラスト。伊丹氏がイラストやデザインをされてたとは知らなかった。

170901_13.jpg

猫を愛した伊丹氏。スケッチに猫愛を感じる。

170901_14.jpg

趣向を凝らした展示。

170901_15.jpg

美しい中庭。設計は中村好文氏。

170901_16.jpg

夜は、今回松山をご案内頂いた、大木春菜さんの弟さんのお店sanzeさんへ。
数少ない東京・表参道で行っていたお店の元スタッフだと知り、ご縁にびっくり。
自然派ワインの美味しい、ゆったりできる素敵なお店でした。

170902_1.jpg

たかのこ温泉に泊まり、翌日歩いて東道後温泉そらともりへ。こちらも天然温泉。
規模感がスゴい。毎日仏生山温泉に入っている私も満足の、とろりとした泉質。

170902_2.jpg

ホテルのようなラグジュアリー感のレストラン。

170902_3.jpg

温泉の後は、federicoさんでランチ。とっても美味しかったです!

170902_6.jpg

170902_5.jpg

高松への帰路、途中下車して、かねてより行きたかった、まなべ商店さんへ。
久美さんに温かく迎えて頂く。やっぱり出かけたいと思えるのは、人だなぁと感じる。
美味しそうな調味料と食材が多くて迷う。いろいろと買い込んで帰仏。

今回は一泊の短い滞在でしたが、色々教えて頂いた春菜さんのお陰で、
松山をより身近に感じることができました。春菜さん、大変お世話になりました。
出かければ出かけるほど、行ってみたい場所が増えて、
四国も色々出かけたいなーと旅欲は高まるばかり。
いつかお遍路さんもしたいなぁ。



ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岐阜旅へ [∴ 日々のつぶやき]

170816_1.jpg

かねてより行きたいと思っていた徹夜踊りを見に、岐阜・郡上八幡へ。
山間を想像していた郡上八幡は、思っていたよりも町で、
美味しいお蕎麦でお腹を満たしてから、拝殿踊りが見られる白鳥へ。
暗闇の中、お囃子に合せて、同じステップを踏みならす、
神社の社にうごめく群衆を見ていると、何だか不思議な気分に。

170816_2.jpg

どうやら、中央にある独特な提灯に向かって踊っている様子。
そうか、拝殿踊りは祈りで、奉納なのだと腑に落ちる。
ボダのストゥーパをコルラするチベタンを思い出す。

170817_1.jpg

翌日、寺の門前にある渋い田楽屋さんでランチ後、
寺娘の知人宅へお邪魔し、カフェ・是へ出かける。
カフェの建物や内装をご自身で作られたという、ご主人の穏やかな笑顔に和む。
遠くへ出かけて、こういう方に会えると、とても安心する。
こうやって生きていけばいいんだな、と穏やかな笑顔に力を頂く。

170818.jpg

a i , 商品を販売頂いている、エムエム・ブックスみのさんへご挨拶。
美しい古い町並みの中に佇む、静謐な店内。
笑顔の素敵なスタッフの皆さんと、ようやくご挨拶できてひと安心。

仏生山移住後、岐阜へのご縁が増えた。
旅をすればするほど、行きたい場所と会いたい人は増えるばかり。
お邪魔する度、家族のように迎えてくれる童仙房・ARABONは、
安心し過ぎて写真すら撮るのを忘れました。汗
お世話になったユーリ、清水さん、のばらさん、ゆきえさん、
エムエム・ブックスの皆様、お忙しい中お邪魔しました。
お陰で優しく美しい、穏やかな夏休みとなりました。



ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内クルーズ [∴ 日々のつぶやき]

170721_3.jpg

極楽仏生山移住3年目にして、初めてのクルージングへ。
いつも愉快な英語クラスの皆さんとご一緒に。

高松港を17時半に出港、瀬戸内海の夕陽を楽しむ、
約2時間のクルーズ。海風を受けながら、海や島々を眺めつつ、
ポットラックで持ち寄った手料理を食べ、あっという間の2時間。
嗚呼、なんて穏やかで美しい瀬戸内海。クルージング、楽しい!
楽くて美味しくて、またやろう、年2回やろう、と盛り上がる。
今回主宰頂いたはるこさんに、大感謝◎

ご縁を頂いて移住して来た香川県は、美しくて穏やかな瀬戸内海と、
そこに浮かぶ島々と、まだまだ行きたい場所がたくさん。
ひとつずつ行っても、またきっと行きたい場所が増えるんだろうな。
嗚呼、やっぱりここは極楽でした。

170721_2.jpg

カタマランヨットでのクルーズ。キャップは英語クラスのポール先生。
彼の丁寧で親切なクラスは、生徒が増える一方。

170721_1.jpg

海外在住経験者が多いクラスメイトは、お料理上手な方ばかり。
プレートに盛り切れない美味しい手料理に、お腹も大満足。

170721_4.jpg

夕陽が落ちた瀬戸内海。美しい景色にうっとり。
なんて素敵な土地へ移住して来たのかと、つい嬉しくなる。




ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年 [∴ 日々のつぶやき]

170102.jpg

極楽仏生山より、新年明けましておめでとうございます。
みなさま素敵なお正月をお過ごしのことかと。

昨年は、10年来共に作り続けたフェルト工場の閉鎖により、
フェルトシューズが作れなくなり、大分青ざめたのですが、
長年の付き合いのネパール手漉紙工場が、
数年前にフェルト製作を始めた話を思い出し、
彼らの素晴らしい手仕事と前向きな仕事の姿勢のお陰で、
新しい美しいシューズが出来上がりました。
更には、毎回トラブルが多く苦心していた発送業者も、
今回新たにお願いした方が、親切かつスムーズな対応で、
陰極まって陽となる、有り難いできごと続きでした。

私のお正月は、元日に讃岐名物あんもち雑煮を頂き、
年始に初来仏した母に、高松観光大使のお努めを果たし、
高松の好さを改めて実感するお正月となりました。

今春で、仏生山へ越して早3年。
来年のお正月には、あんもち雑煮を作ってみたいです。
あとは、全く上達しないさぬき弁をもう少し話したいです。

2017年が、皆さんにとって愛溢れる美しい年になりますように。
愛する仏生山で暮らせていること、いつも温かく見守ってくれている、
仏生山の皆へ、改めて愛と感謝を。



ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵な庵治~牟礼へ [∴ 日々のつぶやき]

161007_05.jpg

自由で楽しい英語クラスメイト達と、庵治~牟礼の旅。
集団行動が苦手な私は、初めてのバスツアーにドキドキ。

まずは、ジョージナカシマ記念館へ。
香川に移住後、彼の家具はよく目にしていたものの、
行きたいと思いつつ、行けていなかった場所。
スタッフの方からご本人のエピソードをお聞きする。
「木のこころを読み、木と対話すること」を生涯追い求めた、
彼の姿勢に鳥肌。涙が溢れそうになるのを何度も堪えるわたし。
嗚呼、時間が足りない。ゆっくり見たい、触れたい、感じたい。

161007_02.jpg

161007_01.jpg

続いてのお楽しみ、オーベルジュ・ドゥ・オオイシでランチ。
海辺に佇むオーベルジュ。香川で一番という噂を聞いていたものの、
レストランから海が見られないのが、とても残念。
今回は団体ツアーだったので、給食のように急いで食べるランチは、
スタッフの方もピリピリしているし、折角のお料理を味わう余裕もなく、
やはり団体行動を苦手に感じてしまう私。

161007_04.jpg

そして最後は、いよいよツアーのメイン、ナガレスタジオへ。
世界的彫刻家、流政之氏が現在も住まいとして使われている、
普段開放していないスタジオを特別に見学させて頂ける貴重な機会。
外見は完全に要塞・城のような佇まいに圧倒されつつ、中へ。
目の前に広がる瀬戸内海の美しい景観と、蔦のはう
重厚なレンガ作りの建物は、日本であることを忘れてしまう。

161007_06.jpg

美しい庭園には、作品がところ狭しと並べられていて、
作品に触れてもOK、写真撮影もOK、という満点のサービス具合。
固い石を美しい曲線でなめらかに仕上げた作品に魅了されつつ、
戦争に巻き込まれ、壮絶な時代を生き抜いた彼の人生に思いを馳せ、
戦争で彼の命が失われなかったことに、ただただ感謝。
彼のコレクションや空間の美しさに、彼の美意識を感じ入り、
作家が生み出すのは作品だけでなく、その世界観なのだと感じ入る。

161007_07.jpg

161007_08.jpg

素晴らしい作家を多く排出した恵まれた土地・香川。
芸術祭の土壌があるのも頷ける。
その土壌を育んだ香川の歴史を知りたくなる、贅沢な旅。
庵治・牟礼、美しい土地。今度はゆっくり行こう。



ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵なろうそく夜へ [∴ 日々のつぶやき]

かねてより行きたかった徳島のろうそく夜へ。
お寺の境内にぽつんと佇む、絵に描いたような
可愛いお店と、広いデッキ。なんて理想的なの。

160923_1.jpg

160923_2.jpg

伺った日は、月に一度のカレーの日。満席。大人気。
折角ここまで来たのだから、とパンもケーキも珈琲も頂いて、
満腹。満足。カレーもサラダもとっても美味しくて、
普段の定食も食べてみたくなってしまう。また行かなきゃ。
ともよさん、美味しくてやさしいご飯をありがとう。

160923_3.jpg

気まま大人女子達の遠足。ひたすら話して食べる旅。
楽しかったー。また行こうね。




ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素敵な宇野へ [∴ 日々のつぶやき]

160722_1.jpg

半年ぶりに宇野へ。
昨冬、bollardさんでのPUENTE展の際、
作家落合さんのお話会を聞きに向かう途中にコケて靭帯を切り(!、
同席したお客様に病院へ送って頂いたり、
スタッフの方に病院までお迎えに来て頂いたり、
大変ご迷惑をおかけして以来の、快復のご挨拶へ。

久々のbollardは、相変わらず素敵で、
お忙しいイベント中にも関わらず、
前回バタバタで聞けずにいたお話を色々伺えて嬉し。
なぜかsoefarmのしょうこちゃんが働いていたり、
繋がりまくっていて、やっぱり宇宙は狭い。

160722_2.jpg

160722_3.jpg

bollardさんの並びにオープンした、やさい屋ポッケさんに伺うと、
東京で繋がっていた「名前のない珈琲屋さん」のめぐさんと再会。
今日帰るというタイミングで再会する宇宙の計らい。粋すぎる。

160722_4.jpg

bollardさんのコーヒースタンドができたUno Port INNで、
美味しいカフェオレを頂いて、フェリーで高松へ。
高松港で仰ぎ見た夕焼けに、何だか涙が溢れそうになる。
仏生山に移住して来て本当によかった。宇宙がくれたご縁と、
そこから続く、果てしなく素敵な繋がりに感謝が溢れる。

160722_5.jpg

物欲が薄い割に、モノを見るツボが狭過ぎる私ですが、
bollardさんの素敵セレクトがツボで、
やさい屋ポッケさんのスムージーも美味し過ぎて、極楽。
素敵な人達が、遠く東京からそれぞれの移住先に根を下ろして、
楽しく日々を生きている感じが、とても心地よくて私まで幸せな気持ちに。

高松から宇野へはフェリーで1時間。
久々のフェリーにすっかり旅気分。
瀬戸内芸術祭で賑わう島々。だいぶ素敵な宇野へも是非◎




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都、奈良、岐阜への旅 [∴ 日々のつぶやき]

160110_1.jpg

年明け早々、旅へ出掛けていました。
久々の旅は、京都~奈良~岐阜への旅。

行く先々に温かく迎えてくれる友がいて、
身近な繋がりがそこにあり、聞き覚えのある音楽が流れ、
心地よい空間と人が向かえてくれる、なんとも幸せな、夢心地の旅でした。

遠くまで出掛けたつもりが、既に仕組まれているかのような、
不思議な気分になることが多々。
初めて繋がったつもりの方が、大好きな友人達と既に繋がっていたり、
改めてご縁を紡ぐような旅。同じ未来を思い描いている人とは、
きっとどこへ出掛けても、必ず繋がるのだと実感しました。
基本的に出不精の私ですが、旅好きでもあったりします。
今年は色々な土地へ出かけ、素敵な人や場所に出逢いたいと思います。

今回の旅のきっかけをくれた淳ちゃん、
美味しいお店と素敵なみんなとの繋がりをありがとう◎
奈良でいつも色々お世話になっているtomoshikiさん、
敬愛する大好きなふたりに会えるのが、いつも幸せです◎
岐阜への旅に誘ってくれたユーリ、
楽しい旅と素敵なご縁をたくさんありがとう◎
大阪の仏生山、こにたん、ユッキー、
大阪で我が家に帰ったかのような安心感をありがとう◎

そして、今回繋がりを頂いた素敵な皆様、素敵な出会いに感謝。
素敵な人と、あたたかで愛を感じる場所が各地にあること、
とても心強く感じました。私も仏生山で、
そんな場所のひとつでありたいと、改めて強く感じました。
そして、戻る場所が、大好きな仏生山であることが、
とても嬉しく、誇らしく感じました。嗚呼、極楽仏生山。

160113_2.jpg

日本三大仏、岐阜大仏。

160113_1.jpg

法然寺の寝釈迦を彷彿とさせる、五百羅漢。

160113_3.jpg

美濃の夕暮れ。




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール大地震・復興支援募金について [∴ 日々のつぶやき]

141007_2.jpg

4月25日に発生したネパール大地震から1週間が経ちました。
その後、商店が再開したり、少しずつ日常が戻りつつあるようです。
今回、直下型地震だったことや、耐震性のない多くの建物の倒壊により、
崩れた建物の下敷きになった方が多かったようで(死者7,557人超・5/5現在)、
壊滅的な被害を受けた村も多く、まだ被害の全貌がみえずにいます。

その後、a i , の仕事をお願いしている全ての方の無事を確認し、
その奇跡に、ただただ感謝が止まりません。
なかなか電話が繋がらず、何度掛けても繋がらなかった電話が繋がる度に、
聞き慣れた声を聞いては安心し、「生きててくれてありがとう!」と、
緊張と感謝を繰り返し、その夜は感謝で涙が止まりませんでした。

命さえ助かれば、どうにかなる。一緒に頑張れる。
ネパールの惨状や多くの犠牲、これからの復興の長い道のりを思い、
まずは皆がつなぎ止めてくれた命に感謝せずにはいられませんでした。

実家が半壊し、避難生活を送っているネパールの家族。
長年勤めてくれていた、家族のようなお手伝いさんを亡くしました。
外国人である私をいつもあたたかく迎えてくれたディルマヤ。
体調を崩しがちだった私をいつも気にかけてくれた彼女を思うと、
悲しくて涙が止まりませんでしたが、
より深い家族の悲しみを思うと、私が泣いてはいられません。

こんな時に仕事の話をするのもどうかと迷いを感じつつも、
a i , のカシミア製作をお願いしている姉に工場の状態を確認すると、
「工場の壁は崩れたけど、皆なんとか無事。壁を直したら、
インドに避難しているマスター達を呼び寄せて仕事にとりかかるわ!
仕事をして、皆を食わせていかないと!」と、なんとも頼もしい言葉。
チベット人の逞しさと大きさを感じる一言でした。
また一緒に仕事ができる、そう思えることが大きな救いでした。

今回、多くの皆様よりご心配・ご支援頂いております。
ネパールに心を寄せて頂きましたこと、心より感謝します。
今後、a i , だからこそできる復興支援を考えたいと思います。

【ネパール大地震・復興支援募金について】
a i , では、地震直後よりネパール復興支援募金を受け付けております。
募金については、5月17日(日)のおんせんマーケットでの募金箱設置と、
銀行・郵便振込での入金のふた通りで、対応しております。
私と直接繋がりのある方は、表題を[ネパール募金希望]とし、
直接私宛にメールでご連絡下さい。振込先をお知らせします。
尚、支援の時期と方法についてですが、現地の被災状況を確認しながら、
支援金の規模を考慮の上、必要な支援金を直接送金するか、
夏のネパール行きの際に、直接持参するか、判断したいと思います。

今回の地震後、心労で寝込み、ネパールの惨状を
悲しむ日々を過ごす私を愛と思いやりで包み込んでくれている、
仏生山の愛溢れるあたたかなご近所メンバー達に、愛と感謝を。
本当に、本当にありがとう。皆の愛と支えに生かされています。
やっぱり仏生山は極楽でした◎




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネパール大地震 [∴ 日々のつぶやき]

a i , 商品の製作をお願いしているネパールで、
4月25日、マグニチュード7.9の強い地震があり、
多数の死者、負傷者が出ました(3,300人超・4/27現在)。
ニュース記事はコチラ→

私が7年暮らしたネパールでの惨事は、私にとって自分事。
私の家族の暮らすネパールは、私にとって第二の故郷。
すぐ姉へ連絡し、家族全員の命の無事を確認し、ひと安心。
ただ、私が暮らした家が倒壊、使用人数名生き埋めで救出作業中、
との情報があまりにショックで、仕事仲間へ連絡する勇気がもてず、
どうにか気を取り直し、今日ようやく各方面に電話連絡をしました。

ただ、現在停電で電力がないため携帯電話がほぼ繋がらず、
通話可能なラインも、ほぼ繋がらないか、応答なし。
現在、仕事関係者6名の安否確認がとれていない状況。
耐震構造になっていないネパールの建物は、
続く余震での倒壊が危険なため、現在ほとんどの人が
屋外で避難生活をしている模様。
昨日、心配のあまり寝込んでしまった自分を反省し、
今すぐ飛んで行きたい気持ちを抑え、
日本からできる支援をしたいと思います。

地震の報道後、ネパールを心配するメールを多数頂いております。
そのあたたかな皆さんの気持ちを伝える窓口でありたいと思います。
現在、現地停電のため、私が確認できる情報が少ないのですが、
確認後、この場でお知らせできるようにしたいと思います。

現地に今すぐ必要なのは水と食料と安全な避難場所かと思うのですが、
それを今すぐ私が日本から手配するのが難しいため、
もう少し現地が落ち着いた際に支援できるよう、募金を募りたいと思っています。

募金については、29日から始まるa i , × おんせんでの募金箱を設置と、
銀行・郵便振込での入金のふた通りで、対応したいと思っています。
支度が整い次第、追ってこの場でお知らせさせて頂きますが、
私と直接繋がりのある方は、表題を[ネパール募金希望]とし、
直接私宛にメールでご連絡下さい。振込先をお知らせします。
尚、支援の時期と方法についてですが、現地の被災状況を確認しながら、
支援金の規模を考慮の上、必要な支援金を直接送金するか、
夏のネパール行きの際に、直接持参するか、判断したいと思います。




ネパールからの愛の詰まった a i , online shop はコチラ→




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ∴ 日々のつぶやき ブログトップ
メッセージを送る