So-net無料ブログ作成
検索選択

フェルトシューズ限定販売のお願い [∴ a i , 告知]

img_feltshoes.jpg

a i , で人気のピュアウールフェルトルームシューズですが、
共に作り続けてきてくれたフェルト工場の閉鎖に伴い、
残念ながら、フェルトシューズの製作が難しい状況となりました。
ご愛用頂いている方も多く、私自身とても思い入れのある、
毎日使う大切な商品なので、今後も作り続けたいのですが、
今後の製作については、残念ながら目処がつかない状況です。

ネパールにフェルト工場はたくさんあるのですが、手作りで、
a i , の希望に叶う品質のシューズを作り上げてくれる工場は、他にありません。
次回のネパール滞在時に、新工場が見つかれば作れるかもしれませんが、
価値観が異なる国のため、よほど好いご縁が合えば、というのが現状です。
今冬は、現在庫分のネット販売と a i , × おんせん販売のみとなるため、
今秋冬お買い上げ頂けるのは、お一人様2足までとさせて頂きますこと、
何卒、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

img_factory_1.jpg

img_factory_2.jpg

気づけば、フェルトシューズを作り始めてから10年が経っていました。
私が7年暮らしたネパールでは、レンガ作りの家で足下が冷えるので、
土産物屋で売っているウールフェルトシューズを愛用していたところ、
その温かさが手放せなくなり、よりよいシューズを求めて、
私の思いを理解してくれる、希有で真摯な現地工場長と共に作り始め、
フェルト圧縮の密度が高くて強く、厚すぎず、型くずれのない、
摩耗に強く美しいシューズを作り上げました。

昨春のネパール大地震後の復興ままならぬ中、情勢不安による
深刻な燃料不足が続くネパールで、燃料も手に入らない中、
薪で火を起してお湯を沸かし、シューズを製作してくれていたのですが、
困難を極める先の見えない状況に、工場閉鎖を決断されました。
工場閉鎖を受け、今まで同工場で働いてくれていた女性達に、
製作を続けてもらえないかと、交渉を続けたのですが、
同品質のキープは難しいと判断し、製作を断念することに。

とても残念なお知らせとなり、大変心苦しいのですが、
情勢不安定なネパールという国での製作において、
a i , としては、今後も変わることなく、誠意をもった
モノ作りを通して、できることを続けたいと思っています。
シューズ製作の目処がつく際には、改めて告知させて頂きます。

フェルトシューズのお買物はコチラ→
フェルトシューズ製作行程はコチラ→



ネパールからの愛の詰まった a i , store はコチラ→



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る